光のあたる場所

1匹でも多くの犬猫に光があたりますように

2017年04月

夕飯の準備



どいて、
とは思わないが
動線を塞がれてやりにくいなぁ…

と独り言。


………。




ひそひそするなっ(-_-)

作戦会議の後



なんで「休め」の体勢とった?


いや、反対側来たら
余計作りにくいわっ
あれ?

奥のかた寝てる?



………。

ハルの体調。


体内の虫はだいぶ出たw 

目もキレイになった!



腎機能が異常に悪かったが


いまは正常範囲内に
戻りつつある。
飲水量かなり多いが
いまは様子をみていくしかない


フードを
腎臓食に切り替え予定です。



右首の所

どんどん毛が抜けてしまっている
カラー着ける…かなぁ…


ステロイドと抗生物質を
飲ませてます。


しばらくは
病院通い続きそう。




ハル、頑張ってます‼️ 





ハルの命を
繋げてあげられますように…。







よい天気
カイ、

ハルの
猫パンチから
逃れられる貴重な時間w


帰ると


さっそく
目をランランさせて
狙っている(´ー`)





春だから?

ハルだから?


抜け毛半端ないです…


掃除追いつかないので
カーペット外しました



抜け毛集めて
ハルのハゲてるとこに
埋め込もうと思います
( ̄∇ ̄)


犬猫の殺処分は

安楽死ではありません。

窒息死です。

迎えに来ることがない
飼い主を

犬猫たちは ずっと
冷たいコンクリートの上で
待ちつづけます。

1日経つごとに
ドリームボックスという
殺処分機へと
移動させられ、


酸素を抜かれ
苦しみながら
最後を迎えるんです。


ブリーダー崩壊、

ペットショップの売れ残り、

飼い主の飼育放棄、



悪い人間の
勝手な行動により


罪のない犬猫たちが…



1日277匹
殺処分されている
この現状が…


少しでも
変わっていきますように…。
少しでも
多くの人達にこの現状が
伝わりますように…。










↑このページのトップヘ