みなさまから頂いた
沢山のメッセージと、
ご家族の愛情を沢山受けて、

イチは
よくがんばりました。


3月30日朝

虹の橋へ
ゆきました。
FullSizeRender
当日、
すぐに連絡を下さったご家族様。

その悲しみは
計り知れず

ご家族の気持ちを優先し、
このタイミングでの
ご報告とさせてもらいました。


「イチとの生活は
素晴らしいものでした」

FullSizeRender
その言葉に

最期は
暖かな場所で
大好きな家族の元で

FullSizeRender

イチはどれだけ幸せだったことでしょう。

甘えた表情をしている
写真を見るたびに
FullSizeRender
沢山の愛情を
注いでくださったことに
本当に感謝しています。


保護当時
イチは推定8歳でした。

成猫の譲渡率は子猫に比べ
非常に低く、
ましてやウイルス陽性ともなると
手を挙げてくれる人は
そうそういないのが現実です。

でも

そんなこと
ハンディにもなりませんと
全て受け入れて下さった
ご家族に感謝しかありません。
FullSizeRender


イチが頑張った証は
このブログにも
いっぱい綴ってあります。
image
イチとの楽しい思い出は
ご家族様がずっとずっと
大切にしてくれます。
FullSizeRender
成猫野良が
家猫になるには
根性比べの日々でした。

外へ出れる場所を探し
ガリガリ…ガリガリ…

朝まで一睡もせずに
大きな声で鳴き続けました。

本気でこちらの頭が
おかしくなりそうでした。

でも

「一緒にがんばろ?」

毎日毎日
伝え続けました。
image
猫の幸せは
完全室内暮らしで
沢山の愛情をもらうこと。

人知れず
冷たいコンクリートの上で
命を落とす子達が
まだまだ沢山います。

イチが我が家に来た理由を、
イチが伝えたかったことを、
受け継いで
これからも
伝え続けていこうと
思います。

ブログからいつも
イチを見守って下さっていた
みなさまへ
 ご家族様と私より


「ありがとうございました」
P1010590

イチ?

あなたから始まった
猫保護活動は
今でも閉ざさずに
やっています。
P1010816
居場所のない子達を、
暗くて光が当たらない場所に
いる子たちを、
P1010940
これからも
ここに導いてあげてほしい。
P1010900
必ず手を差し伸べますから。
P1010907
虹の橋から
見守っていてね。


Rest In Peace
イチ
image